通信講座で学ぶ医療事務|人気上昇中の仕事に就く

医療現場に欠かせない仕事

女の人

保険請求は書類作成が必須

現在、日本の病院・医院はその大半が保健医療機関としての指定を受けており、健康保険証を持参すればかかった医療費は自己負担分を除いてすべて保険者から支払われます。医療機関が医療費を保険者に請求する際は、レセプトと呼ばれる請求書を作成します。レセプトには患者の個人情報のほか行った治療の内容、使用した薬剤の名称及び量などを記載し、それぞれの保険点数に応じて診療報酬を算定します。このレセプト作成事務を一般に医療事務といいます。医療事務は専門性の高い職種でありながらほとんどの医療機関において必要とされるため、その技能を身につけた人は就職市場において有利であると言われています。医療業界は景気変動の影響を受けにくいため、医療事務職の需要は今後とも安定的な水準で推移するものと考えられています。

事前に学べば就職に有利

厳密に言えば医療事務はレセプト作成事務のみを指すのではなく、医療機関内における受付や会計などの事務仕事全般を指す言葉です。しかし他の仕事は一般企業等における事務とほとんど変わりないので、医療機関ならではの特殊性を代表する業務としてレセプト作成事務が医療事務の代名詞となっています。医療事務は専門学校等の通信講座で基礎を学ぶことができます。もちろん就職してから仕事を覚えることもできますし、働きながら通信講座で学ぶこともできます。しかし注意すべきなのは、個人クリニックなどは小規模経営のところが多いため、求人では即戦力が求められる傾向にあることです。その点、通信講座であらかじめ必要な技能を身につけておけば、就職時のアピールポイントとすることができます。受講修了後に資格検定を行っている通信講座も多く、取得すれば技能の達成度を示す証しとすることができます。